お知らせ

お知らせ

えんだより 1月 巻頭言

お知らせ

「故郷の味」

 少し長いこの冬休み、子どもたちとどのように過ごされたでしょうか。年越しそばを食べ、正月にはおせち料理…と言う日本の伝統的な食文化を継承する家庭は徐々に少なくなっています。我が家も東京に来て7年目のお正月。初めて九州のお雑煮を元日に作ることになりました。それは福岡に住む私の母が年末から我が家にしばらく滞在することになったからです。博多雑煮の定番は、ブリの切り身とカツオ菜(アブラナ科に属し高菜の近縁の野菜。食べた時、魚のカツオに似ている)を入れ、その中に他の地方と同じ、餅やかまぼこを加えると独特の味が出るのです。今回、さすがにブリは高いのでハマチに、カツオ菜も東京では買えませんので、小松菜を使って久々に博多雑煮モドキを食する機会を得ました。全く同じとは言えませんでしたが、久々に食べたふるさとの味は、味覚もさることながら、忘れかけていた幼い頃に祖父母、親戚と過ごした楽しい思い出がよみがえってくる特別な一時となりました。

 皆さんのご家庭では、故郷の定番料理と呼ばれるものがあるでしょうか。かつて何気なく食べていたそれらの料理には、地元食材をバランスよく用い、ビタミンが豊富で免疫力を高める力が含まれたものが多かったことに気づかされ、改めて驚かされます。何よりも、心を込め、手間暇かけて作った料理を、万難を排して家族全員が集まり、食卓を囲む姿にこそ、お正月を過ごす意味があったと思います。海外でも、クリスマスや、他のお祝い事の時に家族全員が集まる機会があります。幼い頃はただ受け身で美味しい物を家族と食べるだけで満足するのですが、成長し、実家を離れた時に、当たり前であったことがそうでなくなる体験を通して、人は不思議と故郷の味、おふくろの味が懐かしくなり、作り方を習って、自分の子どもにも味わわせたいと願うようです。通常の時間の流れと違うこの年末年始のお休みを利用して、家族の味、故郷の味を味わい、継承する時間を過ごすことは、生きる喜びに間違いなく彩を添えるようです。

いよいよ最終の学期を迎える年長組のお母さま方にとっては小学校に進級する前、最後のお弁当作りの日々となります。正月料理のような華やかさはお弁当にはないかもしれません。ですが、子ども達にとってはこの3年間に味わったお弁当の味もさる事ながら、お母さま方から注がれた愛情を忘れることはないと信じます。長い間、本当にお疲れさまでした。

 

園長:友納靖史

 

ようちかだより 1月 巻頭言

お知らせ

新しい年をむかえ、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

寒い日々の中でも、年長さんのご家庭では、ランドセルや学用品の準備で華やぐ頃でありますし、年中、年少のお子さんたちも幼いながらに、「もうすぐ年長(年中)さんだから」という言葉に、進級の日の近いことを理解し始めます。そんな中で、お子さんたちは希望や期待だけではなく、何となくとまどいや不安を感じることもあると思います。

私たちの教会の願いは、お子さんたちがいつも「神さまから愛されている」ということを日々感じ、心の平安をもって成長されることです。そのためには、神さまに愛されているということを感じとるだけではなく、礼拝を通して神さまに向き合うということも大切にしています。この季節の送迎は本当に大変だと思いますが、日曜日の朝、教会学校で礼拝をささげ、その週の生活を始めることができますようご理解をいただければと願っています。

 

めぐみ幼稚園 理事 郷 秀男

水曜礼拝

お知らせ

 

水曜礼拝(10:30~11:15)の予定をお知らせいたします。

 

1月16日       助川賀子先生

1月23日       友納靖史園長 <園児参加礼拝>

1月30日       山下真実先生

 

2月 6日       山村潤さん (さくら組のお子さんのお父様 徳丸キリスト教会会員)

2月13日       山下真実先生

2月27日       渡辺晴子さん (お孫さんがめぐみ幼稚園に在園 常盤台教会会員 水曜礼拝託児のご奉仕)

 

3月 6日       米澤雅子さん (常盤台教会会員 水曜礼拝託児のご奉仕)

3月13日       友納靖史園長 <園児参加礼拝>

 

1月16日の「めぐみカフェ」、「水曜礼拝」、「託児」は、「幼稚園園舎」で行います。

 

 

 

水曜礼拝前のひと時を「めぐみカフェ(9:30~10:25)」でおくつろぎください。お茶とお菓子の用意があります。小さいお子さんをお連れの方も、お子さんとご一緒にお過ごしください。

 

水曜礼拝の間(10:25~11:15)、小さいお子さんの託児(礼拝堂の中)をいたします。