5月 えんだより 巻頭言

お知らせ

「春なのに~♪」と歌いたくなるような気候が続いていましたので、登降園時に子どもたちと、晴れやかな空を見上げつつ時を過ごせる喜びは一入(ひとしお)です。五月の誕生石はエメラルド。緑色が好きな私にとっては、新緑染まる自然の木々や山々を見て心が躍る季節になります。さて5月の聖句のキーワードは「敬う」です。聖書は人間一人一人の自由意志による決断を促す勧めの言葉と、ハッキリと命令形で語られる聖句があります。今月は後者です。「敬う」という親子の関係性は、これからの人生で他者や目上の人に敬意を表することの大切さを教えます。又、憧れる大人と出会って、人を敬い慕う喜びを体験し、将来に向かって生きる希望が生まれていきます。子育ての先輩方からよく聞くのは…“夫婦が相手をけなす言葉や態度を子どもの前で決して見せず、互いに相手を敬う姿を見せる時、子どもたちは自ら親を敬うようになる”…とのアドバイスは真実だと実感しています。私たち親も不完全な者です。でもその存在をありのままに夫婦が受け入れ合う関係性の中に、私たちも互いを愛し敬う素敵な関係が生まれ、共に成長させて頂くのではないでしょうか。この季節、緑美しい自然の美しさに触れ、ご家族で感動と喜びを共有する素敵な時をお過ごし下さい。

園長:友納靖史