えんだより 巻頭言 6月号

お知らせ, イベント, 今日のひとこま

紫陽花が雨に輝く季節となりました。正直、雨が多く湿気の多いこの六月は少し気が重くなる時です。しかし、この梅雨があるからこそ、暑い夏に水不足の不安が減り、実り豊かな秋を迎えための、意味ある大切な時であることを思い起こす時、今巷で歌われる、「雨でもハレルヤ!」という気持ちに切り替わるのではないでしょうか。特にこの梅雨の時期は、食品が傷み易くなり、傘をさして道路を歩く時、危険が増す時期でもありますので、大切な子どもさん方を守るために、いつも以上に気を配って過ごされることと思います。梅雨明けを待ち望む思いと願いを子ども達とも日々分かち合いつつ、梅雨に咲く美しい花々に目を向けて過ごす、意味ある楽しい水無月(6月)となりますようにお祈り致します。

                                        園長 友納靖史